FC2ブログ
禁煙のススメ!
喫煙は百害あって一利なし!!禁煙のあれこれ情報サイト







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

禁煙外来の保険診療とその費用

医療機関で禁煙の指導や相談をしてくれる禁煙外来ですが、2006年4月からニコチンパッチを用いた禁煙治療の保険適用が可能となりました。


ただし、保険適用となるためには保険適用可能な医療機関で受診し、さらに次のような条件がありまります。これに当てはまらない人は自由診療となります。
(保険適用の有無は禁煙外来受診前に各医療機関に必ず確認してくださいね。)


≪保険適用の条件≫
①直ちに禁煙しようと考えていること


②ニコチン依存症と診断されること


③ブリンクマン指数が200以上であること
 ※ブリンクマン指数とは1日に吸うタバコ×年数(例えば1日20本吸う人が10年
   喫煙した場合は200となり、条件を満たしますが、1日10本吸う人が10年喫煙
   した場合は100となり、条件を満たしません。)
④禁煙治療を受けることを文書により同意すること(初診時にサインすることになります。)


⑤1年以内に保険による禁煙治療を受けていないこと


⑥合計5回の診察を必ずうけること


だいたいこのような条件がありますが、医療機関によっては独自に規準を設けているところもあります。
したがって、タバコを吸い始めて間もない人や忙しくて通院ができない人(決められた日程での通院が不可能な人)、すぐには禁煙を考えていない人は保険の適用は出来ませんので自由診療となります。



禁煙外来での費用はある医療機関の例をあげますとおおよそ次の通りです。(あくまでも目安として参考にしてください。)


初診  初診料2730円 ニコチン依存管理料2300円 処方料560円 薬剤費 5630円
(合計 保険適用の場合 約3400円 自由診療の場合 約11800円)


2回目 再診料1230円 ニコチン依存管理料1840円 処方料560円 薬剤費 5630円
(合計 保険適用の場合 約2800円 自由診療の場合 約9300円)


3回目 再診料1230円 ニコチン依存管理料1840円 処方料560円 薬剤費10220円
(合計 保険適用の場合 約4200円 自由診療の場合 約13830円)


4回目 再診料1230円 ニコチン依存管理料1840円
(合計 保険適用の場合 約1000円 自由診療の場合 約3100円) 


5回目 再診料1230円 ニコチン依存管理料1800円
(合計 保険適用の場合 約1000円 自由診療の場合 約3000円) 




※喫煙・禁煙に関するサイトがいっぱいあります。
   人気ブログランキング    FC2ブログランキング

                                     ≪禁煙のススメ!topへ≫
スポンサーサイト

テーマ:禁煙・タバコ - ジャンル:ヘルス・ダイエット

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。